着実に“株式投資”と“仕事”で資産を築くために知るべきこと(米国株や日本株の高配当株・成長株や、サラリーマンでの給与、仕事成功、米国赴任を通じて1億円資産を目指す!)

Wanchance Blog

株式投資

SHIFT(3697)が東証一部へ上場市場変更

投稿日:

幸せを掴み、幸せを提供する Wanchance(ワンチャンス)です!

9月30日に発表があり、SHIFT(3697)が東京証券取引所の承認を受け、2019年10月7日をもって、株式の上場市場が東京証券取引所マザーズ市場から東京証券取引所第一部へ市場変更されることになりました。マザーズに2014年11月に上場してから約5年かかりましたが、東証一部への市場変更です。

私は当社の株式をマザーズ上場してから購入(1/5分割前)していますので、株式保有してから約5年経過していることになります。時間は経つのが早いですね。今では購入時の株価に対して、3倍くらいになっていますが、含み益となるまでは時間がかかりました。2017年になるまでは株価は上場せず、ほぼ横ばいでした。当社は売上は順調に増加していたものの、人材採用への投資に力を入れており、利益が増加してくるまでには時間がかかりました。私はその間も売上が伸びているため中長期で持つことでいつか株価に反映されると思い保有し続けていました。直近の決算結果は、『SHIFT(3697)の2019年8月期3Q決算発表』です。

さて、そんなSHIFTが、東証一部への上場変更となり嬉しい限りです。

この記事が参考になる方は、以下の方です。

この記事が参考になる方

  • SHIFT(3697)への投資を行っている方、あるいは投資対象として考えている方
  • 成長株への投資を主に行っている方
  • 東証一部への市場変更について知りたい方

 

東証一部への上場市場変更承認

市場変更される日は、2019年10月7日です。発表が2019年9月30日だったので、1週間後に変更されることになります。

当社によると、今回の市場変更は、『社会的な信用や認知度の向上につながり、さらなる業容拡大と一層の企業価値の向上に資すると確信』と言っております。株を始めたばかりの方や初心者の方は東証一部の銘柄買う方がいいと言われたりしますし、東証一部の安心感はありますね。

それよりも大切なことは、この企業が主に行なっている品質保証というサービスが今後も継続し利益を生み出せるかどうかです。市場変更がされたとしても、大切なのは、今後当社が3年後、5年後そして10年後に今のビジネスモデルが継続されていること、さらに拡大していることです。

当社はSHIFT300という成長戦略ビジョンを掲げています。これは当社の売上を300億円にするという目標からの300です。2016年が55億円の売上でしたが、2019年8月期の売上予想は195億円です。急成長していることは間違いないと思い、これまで保有し続けています。私は300億円ではなく当社が次の目標としている1000億円の売上です。ここまで到達できるかが重要です。

基本のスタイルは、米国株や日本株の高配当株、連続増配銘柄への投資ですが、成長株で将来に期待ができる銘柄はこのように保有をしていくスタンスで投資を行っています。

今後もビジネスが継続して利益を生み出し、成長し続けていると思える限りは保有を続けていく予定です。私は、テンバガー(株価10倍)までいけると思っています。興味のある方は当社を調べてみてください。

 

SHIFT(3697)が東証一部への上場市場変更へ

  • SHIFTが2019年10月7日をもって、東証一部へ市場変更
  • 今後も現在のビジネスが利益を生み出し、成長し続ける限りは保有していきたい

 ※株は自己責任でお願いします。

Sponsored Link

-株式投資

Copyright© Wanchance Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.