着実に“株式投資”と“仕事”で資産を築くために知るべきこと(米国株や日本株の高配当株・成長株や、サラリーマンでの給与、仕事成功、米国赴任を通じて1億円資産を目指す!)

Wanchance Blog

株式投資

米国ベライゾンコミュニケーションズ【VZ】の2019年 2Q決算結果

投稿日:

幸せを掴み、幸せを提供する Wanchance(ワンチャンス)です!

ベライゾンコミュニケーションズ(以下、VZ)について、2019年 2Q決算発表が8月上旬にありましたので、その内容について振り返ってみたいと思います。

 

この記事が参考になる方は、以下の方です。

この記事が参考になる方

  • VZの決算結果を知りたい
  • 投資対象とするか悩んでいる方

 

2019 2Qの決算結果

では、決算の主要な指標・結果について確認していきたいと思います。2019年 4Qの結果は、減収減益(ただし、特別項目を除く1株利益では増益)でした。最高経営責任者CEOは、“当社は、2019年上期に堅調な業績を達成しながら、新しい事業体制のもとでビジネス変革をし、そして5Gでのリーダーシップを強化したことにより堅調に推移した。5Gを始める世界初のキャリアとなることで2Qに歴史を築いた。”と言っています。

今回の2019年 2Qの決算発表から、VZは財務や経営成績の報告の方法を一部変えることにしています。2019年1Qの時は、ワイヤレス(wireless, 無線)とワイアーライン(wireline, 有線)の2つのセグメントで報告をしていました。今回は、“消費者(consumer)”と“ビジネス(business)”のセグメントで報告されています。ただし、2019年2Qの決算資料の最後に、補足情報で従来のwirelessやwirelineの情報も載せてくれています。

 

売上高

  • 売上高は、320億7100万 USドルでした。前年同期比で0.4%の減少です。市場予想(324億1000万 USドル)を3億3900万 USドルほど下回りました。
  2019 2Q 2018 2Q 増減率(%)
売上高(operating revenues) 32,071 32,203 △0.4

(単位: 百万USドル)

 

売上の内訳

  • サービス売上は、273億5100万 USドルで、前年同期比で0.7%の増加。
  • ワイヤレス機器の売上は47億2000万 US$で、前年同期比で6.4%の減少
  2019 2Q 2018 2Q 増減率(%)
Service revenues and other 27,351 27,159 0.7
Wireless equipment revenues 4,720 5,044 △6.4
総売上 32,071 32,203 △0.4

(単位: 百万USドル)

 

セグメント別の売上等(consumer)

  • consumerの総売上は220億 USドルで、前年同期比で変化なし。無線機器や従来の有線(wireline)サービスの減少により相殺はされたが、無線(wireless)サービスやFiosサービスの継続的な強い成長を反映。
  • wirelessサービスの契約者数は、126,000人増(携帯電話:73,000人増、タブレット:134,000人減、その他特にウェアラブルなどの接続デバイス:180,000増)。スマートホンの契約者数は、209,000人増。
  • 総解約率(churn rate)は、0.97%。携帯電話の解約率は、0.72%。
  • Fiosインターネット契約者数は、28,000人増だが、Fios Videoサービスは52,000人減。
  2019 2Q 2018 2Q 増減率(%)
Service 16,350 16,049 1.9
Wireless equipment 3,903 4,251 △8.2
Other 1,742 1,703 2.3
総売上(Consumer) 21,995 22,003 0

(単位: 百万USドル)

 

セグメント別の売上等(business)

  • businessセグメントの総売上はほぼ77億6800万 USドルで、前年同期比で1.1%の減少。wirelessサービスや高品質ファイバー製品の成長があったものの、レガシー製品の影響で減少
  • wirelessサービスの契約者数は、325,000人増加(携帯電話の契約者数:172,000人増、タブレットの契約者数:90000人増、その他の接続デバイス:63,000人増)
  • 総解約率(churn rate)は、1.21%。携帯電話の解約率は、0.97%
  2019 2Q 2018 2Q 増減率(%)
Global Enterprise 2,673 2,808 △4.8
Small and Medium Business 2,785 2,642 5.4
Public Sector and Other 1,492 1,437 3.8
Wholesale 818 964 △15.1
総売上(business) 7,768 7,851 △1.1

(単位: 百万USドル)

 

営業利益

  • 営業利益は、前年同期比で18.6%の増加。
  • 売上は、(上記の通り)前年同期比で0.4%の減少だが、コストや販管費を5.3%減少させているため、営業利益が大きく増加
  2019 2Q 2018 2Q 増減率(%)
営業利益 7,850 6,617 18.6

(単位: 百万USドル)

 

EPS

  • EPS (non-GAAP, 調整後EPS)は、1.23 USドル。全同期比で2.5%の増加。市場予想(1.2 US$)を上回った。
  2019 2Q 2018 2Q 増減率(%)
EPS (GAAP) 0.95 1.00 △5.0
EPS (non-GAAP) 1.23 1.20 2.5

(単位: USドル)

 

キャッシュフロー 

  • 各種キャッシュフローは以下の通り
  2019年 2Q 2018年 2Q
営業活動からのキャッシュフロー 15,836 16,433
投資活動からのキャッシュフロー △8,589 △8,728
財務活動からのキャッシュフロー △8,043 △7,865

(単位: 百万USドル)

 

2019年の通期予想

  • 売上高, 調整後EPS予想(non-GAAP)ともに、2019年 1Qの発表から変更なし(つまり、EPSは“前期に対して1桁台前半の成長率”。当初は2018年と同等のEPSと予想されていた)

(引用: 米国VZ HPより)

 

米国ベライゾンコミュニケーションズ【VZ】の2019年 2Q決算結果のまとめ

  • 2019年 2Qの決算は、non-GAAPベースで減収増益
  • 売上は市場予想を下回るが、EPSは市場予想を上回った
  • 2020年度の業績予想の変更はなし
  • ただし、wirelessサービスの契約者数は増加

 ※投資は自己責任でお願いします。

Sponsored Link

-株式投資

Copyright© Wanchance Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.