着実に“株式投資”と“仕事”で資産を築くために知るべきこと(米国株や日本株の高配当株・成長株や、サラリーマンでの給与、仕事成功、米国赴任を通じて1億円資産を目指す!)

Wanchance Blog

株式投資

米国マクドナルド【MCD】の2019年 2Q決算結果

投稿日:

幸せを掴み、幸せを提供する Wanchance(ワンチャンス)です!

マクドナルド(以下、MCD)について、2019年 2Q決算発表が今月ありましたので、その内容について振り返ってみたいと思います。

このMCDのこれまでの配当金推移、増配率、業績の推移などについては、『米国マクドナルド【MCD】の配当金・増配・売上・営業利益などの推移』を読んでみてください。

 

この記事が参考になる方は、以下の方です。

この記事が参考になる方

  • MCDの決算結果を知りたい
  • 投資対象とするか悩んでいる方
  • MCDのハンバーガーが大好きな方
  • 海外旅行や出張に行った時、ついついMCDでご飯を食べてしまう方

 

2019 2Qの決算結果

では、決算の主要な指標・結果について確認していきたいと思います。2019年 2Qの結果は、減収増益でした。最高経営責任者CEOは、“2Qで成し遂げた強固な結果を持って、16四半期連続でポジティブな世界既存店売上を現在成し得ている”と言っています。フランチャイズ店が増えることにより、マクドナルドの収益が良くなっています。

売上高

  • 売上高は、53億4130万 USドルでした。前年同期比で0.2%の減少です(下記の表では四捨五入して0%と表示)。市場予想(53億3000万 USドル)を1000万 USドルほど上回りました。
  • これはフランチャイズ店での売上が寄与しているためです。米国での直営店舗売上の売上減をカバーしています。
  • 世界の既存店売上高は、6.5%増加
  • 米国の既存店売上高は、5.7%増加
  • 世界の主要市場の既存店売上高は、6.6%増加(特に、イギリス、フランス、ドイツ)。これもフランチャイズ店での売上が寄与。
  2019 2Q 2018 2Q 増減率(%)
売上高(revenues) 5,341.3 5,353.9 0

(単位: 百万USドル)

 

店舗別の売上

  • 店舗別(直営店 vs フランチャイズ店)の売上を見ると、直営店の売上が7%減少し、フランチャイズ店の売上は7%増加しています。
  • 直営店では、1億9450万 USドルの減少に対し、フランチャイズ店では1億8190万 USドルの増加となっています。
分野 2019 2Q 2018 2Q 増減率(%)
直営店(Sales by Company-operated restaurants) 2,400.4 2,594.9 △7
フランチャイズ店(Franchised restaurants) 2,940.9 2,759.0 7
合計 5,341.3 5,353.9 0

(単位: 百万USドル)

 

営業利益

  • 営業利益は、前年同期比で1%の増加
  2019 2Q 2018 2Q 増減率(%)
営業利益 2,273.9 2,262.3 1

(単位: 百万USドル)

 

EPS

  • EPS (non-GAAP, 調整後EPS)は、2.05 USドルです。全同期比で3%の増加となりました。市場予想(2.05 US$)と同じでした。
  2019 2Q 2018 2Q 増減率(%)
EPS (GAAP) 1.97 1.90 4
EPS (non-GAAP) 2.05 1.99 3

(単位: USドル)

 

2019年の通期予想

  • 2019年の通期予想の修正はなし
  • EPS予想の修正はなし

(引用: 米国MCD HPより)

 

米国マクドナルド【MCD】の2019年 2Q決算結果のまとめ

  • 2019年 2Qの決算は、売上は市場予想を上回り、利益は市場予想と同じ
  • 直営店からフランチャイズ店への移行に伴い、利益が増加

 ※投資は自己責任でお願いします。

Sponsored Link

-株式投資

Copyright© Wanchance Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.