着実に“株式投資”と“仕事”で資産を築くために知るべきこと(米国株や日本株の高配当株・成長株や、サラリーマンでの給与、仕事成功、米国赴任を通じて1億円資産を目指す!)

Wanchance Blog

株式投資

米国インターナショナル・ビジネス・マシーンズ【IBM】の2019年 3Q決算結果

投稿日:

幸せを掴み、幸せを提供する Wanchance(ワンチャンス)です!

インターナショナル・ビジネス・マネージメント(以下、IBM)について、2019年 3Q決算発表が今月ありましたので、その内容について振り返ってみたいと思います。

このIBMは連続増配を行っている企業であり、インカムゲイン投資を行う上で期待のできる銘柄の1つです。これまでの配当金推移、増配率、業績の推移などについては、『 米国インターナショナル・ビジネス・マシーンズ【IBM】の配当金・増配・売上・営業利益などの推移 』を読んでみてください。

 

この記事が参考になる方は、以下の方です。

この記事が参考になる方

  • IBMの決算結果を知りたい
  • 投資対象とするか悩んでいる方

 

2019 3Qの決算結果

では、決算の主要な指標・結果について確認していきたいと思います。2019年 3Qの結果は、減収減益でした。最高経営責任者CEOは、“3Qでは、Cloud & Cognitive SoftwareやGlobal Business Servicesで売上を伸ばした。顧客は、IBMとRed Hatを強力なコンビネーションであると考え、今後ハイブリッドクラウド技術、イノベーションや業界の専門性を提供するだろう”と言っていす。

売上高

  • 売上高は、180億2800万 USドルでした。前年同期比で3.9%の減少です。市場予想は、182億3000万USドルでしたので、市場予想を下回りました。
  • 為替影響を除くと、0.6%の減少です。
  2019 3Q 2018 3Q 増減率(%)
売上高 18,028 18,756 △3.9

(単位: 百万USドル)

 

各分野ごとの売上

  • Cloud & Cognitive Softwareは、6.4%の増加(セキュリティ、IoT、データやAIプラットホームが牽引。Cloudとdata platformsは17%の増加、Cognitive applicationsは4%、transaction processing platformsは△5%)
  • Global Business Servicesは、1.9%の増加(コンサルティングは4%増加)
  • Global Technology Services(インフラ、クラウドサービス、技術サポートサービスを含む)は5.6%減少
  • Systems(ハードウェアやOSソフトウェアを含む)は、IBM z14製品サイクルや、IBM z15の出荷の完了を終えたため、14.7%の減少
  • Global Financingは11.6%の減少。これは、OEMコマーシャルファイナンスビジネスの終結に伴うもの。
分野 2019 3Q 2018 3Q 増減率(%)
Cloud & Cognitive Software 5,280 4,962 6.4
Global Business Services 4,117 4,076 1.9
Global Technology Services 6,700 7,101 △5.6
Systems 1,481 1,736 △14.7
Global Financing 343 388 △11.6
Other 107 493 △78.3
合計 18,028 18,756 △3.9

(単位: 百万USドル)

 

粗利益と売上総利益率

  • 粗利益は、前年同期比で5.3%の減少
  • 売上総利益率は、1.5%(絶対値では0.7%)の減少
  2019 3Q 2018 3Q 増減率(%)
粗利益 8,336 8,803 △5.3
売上総利益率 46.2 (%) 46.9 (%) △1.5

(単位: 百万USドル)

EPS

  • EPS (non-GAAP)は、2.68 USドルです。全同期比で21.6%の減少なりました。市場予想は2.66 USドルでしたので、市場予想を上回りました。
  2019 3Q 2018 3Q 増減率(%)
EPS (GAAP) 1.87 2.94 △36.4
EPS (non-GAAP) 2.68 3.42 △21.6

(単位: USドル)

キャッシュフロー 

  • 営業キャッシュフローは、36億1900万ドルでした。
  • 投資活動で325億USドルをRed Hat社買収のために投資しています
  • フリーキャッシュフローは、18億300万ドルでした。
  • 配当金には14億ドルなどを使い、株主に約16億ドルの還元をしています。
      2019 3Q 2018 3Q
    営業活動からのキャッシュフロー 3,619 4,232
    投資活動からのキャッシュフロー △30,373 △2,969
    財務活動からのキャッシュフロー △8,177 △437
    フリーキャッシュフロー 1,803 2,194

    (単位: 百万USドル)

2019年の通期予想

  • 2019年の通期予想については、8月2日の発表の通り、Red Hat社の買収やそれに伴う関連費用の影響のため修正されています(下記の表の通り)。
  • 具体的には、EPS(non-GAAP)には、無形資産の償却費用およびその他の買収関連費用(Red Hatの買収に関連する資金調達費用などを含む)の1株当たり2.22ドルが含まれていないです。
  2019 Full Year
EPS (GAAP) 10.58
EPS (non-GAAP) 12.80

(単位: USドル)

(引用: 米国IBM HPより)

 

米国インターナショナル・ビジネス・マシーンズ【IBM】の2019年 3Q決算結果のまとめ

  • 2019年 2Qの決算は、減収減益
  • Red Hat社の買収により業績改善が期待されているが今のところ結果は現れていない
  • 配当利回り4.8%の配当金をもらいながら様子見が必要か

 

 ※投資は自己責任でお願いします。

Sponsored Link

-株式投資

Copyright© Wanchance Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.