着実に“株式投資”と“仕事”で資産を築くために知るべきこと(米国株や日本株の高配当株・成長株や、サラリーマンでの給与、仕事成功、米国赴任を通じて1億円資産を目指す!)

Wanchance Blog

ビジネス

資産形成のための仕事/ビジネス成功は足元から!コロンブス製シューツリー

投稿日:

幸せを掴み、幸せを提供する Wanchance(ワンチャンス)です!

米国株、日本株の高配当銘柄で配当金をもらい、その配当金で株を購入しその後さらに配当金をもらうという複利の法則がインカムゲイン投資では有用ですね。配当金をもらえれば、何もしなくても定期的にお金が振り込まれます。Wanchanceも2019年は米国株への投資を始めて、配当金をもらい始めています。(『2019年 年間配当金の総額』)つまり、そうですね、配当金をたくさんもらえればいいんですね。と思いますが、配当金をもらうためには、それなりの株式を保有していなくてはいけません。ではそれなりの株式を保有するためにはどうしたらいいかというと、資金を準備する必要があります。資金を準備するためには、サラリーマンやサラリーウーマンの方であれば仕事でお金をもらうことが大きな収入源かと思います。

収入を増やすこと、これが配当金を多くもらえることにつながるわけです。したがって、日々の仕事でいい成果や実績を上げて、上司に評価をしてもらうことが必要になります。仕事ができていれば大丈夫かもしれませんが、実は上司は仕事以外の場所でも知らずとみています。その1つが足元で、足元を意外と見ています。スーツを着ている方であれば革靴を履く方が基本かと思いますが、この革靴も重要です。使い古されて、跡がついた革靴を履いているよりは、メンテされており綺麗な靴を履いている方の方がどこか引き締まって見えるものですよね。電車で座っていて前に立っている方の革靴の形が崩れていたりする方を時々見かけますね。このようなことがないようにできる限りしたいものです。

そこで、その靴の形を綺麗に保つために使われるものが、シューツリーです!シュートリーやシューキーパー などと呼ばれたりもします。今回は、このシューツリーについてレビューしていきたいと思います。なぜ、シューツリーが必要か、どのようなメリットがあるかについて紹介したいと思います。皆さんの仕事成功と、そしてインカムゲインへの手助けとなりますように参考になれば幸いです!

 

この記事が参考になる方は、以下の方です。

この記事が参考になる方

  • サラリーマン・サラリーウーマンの方で資産形成を目指している方
  • シューツリーが欲しい方、情報を収集している方
  • 足元を綺麗にしてビジネス成功をしたい方

 

シューツリー・シューキーパー とは?

シューツリーやシューキーパー ですが、これにはいくつかの目的がありますが主なものは以下の通りです。特に1つ目が重要です。それは、革靴の形を綺麗に保ち、保管をすることが大きな目的です。

  • 革靴の形を保ち、適切な状態で保管すること
  • 靴内の湿気を乾燥しやすくする(防臭や防虫効果など)

電車や街で革靴を履いている方を見ることがあると思いますが、時々次のような靴を履いている方を見かけることはありませんか?

足の甲の近くに折れ目がついており、長く使ってへたれていると思われるような靴です。長く履いており、モノを大切にしている、あるいはビンテージもののとてもいい靴を履いているのではと思う方もいるかもしれません。しかし、一般的には会社に履いていく靴なのでもう少し綺麗な靴を履いた方がいいのではと思う方が多いかと思います。

このような問題を解決するために、シューツリーを使い靴を綺麗に保つことができるわけです。使っていれば革靴もダメージを受けますがシューツリーにより状態をよく保つことはできますね。シューツリーを使うことを考えていってみましょう。

 

コロンブス製のシューツリー・シューキーパー がオススメ

では、シューツリー・シューキーパーが有用であることはわかったけど、何がいいの?という話ですね。私はコロンブス製のシューツリーをオススメします。理由は、以下の通りです。日本製で、リーズナブル、そして靴の形を綺麗に保つことができます。靴の甲のシワも伸ばせ、より綺麗な状態に保てるからです。続いて、実際に私の靴にシューツリーをつけた写真をお見せしますので実際に見てみましょう。米国株を購入して配当金をもらっているWanchanceですが、コロンブス製の木はアメリカ産シダーを使っている製品もあります。

  • 日本製
  • お手頃(リーズナブル)
  • 綺麗に靴の形を保てる

 

シューツリーの有無による革靴

では、早速シューツリーの有無による違いを見てみましょう。使った革靴については以下の通りです。

  • Regal革靴(サイズ25.0 cm)
  • 使用期間:1週間

左の写真はシューツリー無の革靴、右の写真はシューツリー有の革靴です。いずれも同じ革靴です。左の写真の足の甲付近を見ていただくとわかると思いますが、2〜3本の線がうっすらと見えているかと思います。1週間の使用とは言え、すでに歩くことにより靴が曲がり、徐々に革に線がついていることがわかりますね(柔らかく履きやすくなっていることも事実です)。一方、右のシューツリー有の写真を見てみましょう。甲付近にあった線が見えにくくなっているのがわかると思います。左の写真は甲付近に線があることで光の反射がより目立ちます。右の写真では、甲のシワが伸びているため光の反射がさほどありません。このようにシューツリーによって、革靴の形状がより履く前の状態と同じになるように保ちやすいことがわかります。

また、かかとについても同じで足の形をしたシューツリーのため、かかとの形状も綺麗に保ちやすくなります。もちろん他の部位についても綺麗な状態に保ちやすくなりますね。

シューツリー無の革靴 シューツリー有の革靴
 

 

続いて、コロンブスの別タイプのシューツリーの有無による革靴の比較も行ってみたいと思います。右の写真が別のシューツリーを使用して写真を撮影したものです。先ほどのシューツリーと同様に足の甲のシワが伸びており、全体的に靴の形状が綺麗に保たれているかと思います。こちらのシューツリーもいいですね。

シューツリー無の革靴 シューツリー有の革靴
 

 

何れにしても、このシューツリーにより革靴の形状がより綺麗に保たれることがわかるかと思います。次はシューツリーについてもう少し製品をレビューしてみましょう。

 

コロンブス製のシューツリー

先ほどの写真を比較いただきシューツリーによる効果が目に見えたかと思います。続いて、使用したシューツリーについて紹介します。今回使用したシューツリーは2種類あります。レッドシダーのシューツリー(写真:左)と、CB2061シューツリー(写真:右)です。質感が異なること、かかと側の上部にコロンブスのロゴ(2枚目)があることでしょうか。私は靴にセットした後にロゴが見えるのでHGレッドシダーのシューツリー(写真:左)が気に入っています。いずれもサイズは40(25.0cm)です。サイズも表示されているので後で現物を見ても確認することができます(写真3枚目:右。HGレッドシダーは2本の金属部分付近の木目に記載あり)。

シューキーパー HGレッドシダーシュートリー シューキーパー CB2061シュートリー
  
   

 

もちろん、梱包もしっかりされて郵送されてきます!HGレッドシダーのシューツリーを開封した時の写真です。

  

 

そして以下が私の革靴+シューツリーセットです!

 

いかがですか?高品質なシューツリーによって、皆さんが使用している革靴の形を綺麗に保ち、会社の同僚や上司、後輩からの目線を気にすることがなく仕事に専念し悪い見た目から解放される、そして長く革靴を大切に履くことができます。これにより、お財布にも優しく、米国株や日本株を購入する資金が貯まることでしょう。シューツリーは最初は購入が必要なため投資が必要ですが、長く靴を使えることを考えると十分コストパフォーマンスはいいのではないかと思っています。革靴に愛着がわきますしいいです。ぜひまだお手元にない方は購入してみてはと思います。シューズケースに、普通に革靴を置くだけでなくシューツリーと一緒に保管することでどこか高級感も高まりますよ!革靴以外の靴にも使ってもいいかと思います。

コロンブス HGレッドシダー シュートリー
created by Rinker
シューキーパー コロンブス CB2061シュートリー
created by Rinker

 

資産形成のための仕事/ビジネス成功は足元から!コロンブス製シューツリーのまとめ

  • 革靴の形を綺麗に長く保つためにはシューツリーがオススメ
  • 足の甲やかかと、靴全体の形を綺麗にキープできる
  • コロンブス製シューツリーは日本製で価格もリーズナブルでオススメ
Sponsored Link

-ビジネス

Copyright© Wanchance Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.