着実に“株式投資”と“仕事”で資産を築くために知るべきこと(米国株や日本株の高配当株・成長株や、サラリーマンでの給与、仕事成功、米国赴任を通じて1億円資産を目指す!)

Wanchance Blog

株式投資

米国ウォルマート・インク【WMT】のFY2020 1Q決算結果

投稿日:

幸せを掴み、幸せを提供する Wanchance(ワンチャンス)です!

ウォルマートインク(以下、WMT)は、アメリカに本部を置く世界最大のスーパーマーケットチェーン企業です。今回はFY2020 1Q決算発表が今月ありましたので、その内容について振り返ってみたいと思います。

このWMTは連続増配を行っている企業であり、インカムゲイン投資を行う上で期待のできる銘柄の1つです。これまでの配当金推移、増配率、業績の推移などについては、『米国ウォルマート・インク【WMT】の配当金・連続増配・業績などの推移』の記事を読んでみてください。

 

この記事が参考になる方は、以下の方です。

この記事が参考になる方

  • WMTの決算結果を知りたい
  • 投資対象とするか悩んでいる方
  • 生活必需品の銘柄への投資を考えている

 

FY2020 1Qの決算結果

では、決算の主要な指標・結果について確認していきたいと思います。FY2020 1Qの結果は、増収増益でした。最高経営責任者CEOは、米国での店舗販売とネット販売によるコンビネーションの結果に満足しているとコメントしています。今後は、やはり従来の既存店での販売だけでなく、ネット販売(eコマース)ビジネスが大切になってくると思います。

 

売上高

  • 売上高は、1239億USドルでした。前年同期比で1.0%の増加(12億USドル)です。
  • 為替影響を除くと、1258億USドルで、前年同期比で2.5%の増加(31億USドル)です。
  FY2020 1Q FY2019 1Q 増減率(%)
売上高 123,925 122,690 1.0

(単位: 百万USドル)

 

米国既存店の売上

  • 米国の既存店売上は、3.4%増加で、これは過去9年間の1Qの最高売上を記録しています。4期連続で3%の増加を上回りました。
  • 営業利益は、予想を上回る結果で5.5%増加でした。
 

米国eコマースの売上

  • 米国のeコマースの売上高は37%増加と強い成長を示しています。
  • これは、ファッションや家庭用品だけでなく、オンライン食料品の成長が寄与しています。
  • オンライン販売は、Amazonや楽天など私たちの生活にとても寄与しています。私も実際にオンラインで食材を頼むようにしておりこのオンライン販売は今後も成長していくと思っています。
 

Sam's Clubの売上

  • Sam's Clubの売上は、0.3%増加、eコマースの売上は28%増加となりました。

WMT Internationalの売上(米国外)

  • 海外の売上高は、288億USドルで4.9%の減少でした。
  • 為替影響を除くと、308億USドルで、前年同期比で1.2%の増加です。

営業利益

  • 営業利益は、4.1%減少となりました。
  • 為替影響を除くと、3.0%減少となりました。
  • 海外の営業利益が全同期比に対して-41%となっています。しかし、全体の売上のほとんどはWMT米国で占めているため、全体の営業利益としての影響は大きくはありません。
  FY2020 1Q FY2019 1Q 増減率(%)
WMT米国 4,142 3,927 5.5
WMT海外 738 1,265 -41.7
Sam's Club 451 325 38.8
コーポレート・サポート (386) (363) 6.3
合計 4,945 5,154 -4.1

(単位: 百万USドル)

EPS

  • 希薄化後EPSは、1.33 USドルです。全同期比で84.7%の増加となりました。
  • 調整後EPSは、1.13 USドルです。
  • 営業利益が減少しているにも関わらずEPSが増加している理由は、『米国ウォルマート・インク【WMT】の配当金・連続増配・業績などの推移』の記事でも少し触れていますが、JD.com社に対する株式投資が前期はありました。前期は、1,845百万USドルの特別損失を計上していました。
  FY2020 1Q FY2019 1Q 増減率(%)
希薄化後EPS 1.33 0.72 84.7

(単位: USドル)

キャッシュフロー 

  • 営業キャッシュフローは、約16億USドルの減少です。これは、あるカテゴリの購入増加に関連した在庫の増加、夏の季節商品の販売時期、その他支払い時期が影響しています。
  • フリーキャッシュフローは、19億USドルの減少です。これは設備投資の増加や営業キャッシュフローの減少要因と同じです。
      FY2020 1Q FY2019 1Q
    営業キャッシュフロー 3,563 5161
    投資キャッシュフロー (2205) (1818)
    フリーキャッシュフロー 1,358 3,343

    (単位: 百万USドル)

配当金

  • 配当金は、1株あたり2.12 USドルです。増配されています。
  FY2020 1Q FY2019 1Q
配当金/株 2.12 2.08

(単位: USドル)

(引用: 米国WMT HPより)

 

米国ウォルマート・インク【WMT】のFY2020 1Q決算結果のまとめ

  • FY2020 1Qの決算は、増収増益
  • WMT米国やSum's Clubの売上が売上や利益を押し上げている
  • WMT海外は減収となっている。

 

 ※投資は自己責任でお願いします。

Sponsored Link

-株式投資

Copyright© Wanchance Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.